かぜっぴき

アート、デザイン系はどうしても画材費などがかさむ上、買いたい本などもいろいろ出てきました。経済的にはなんとかやっていけそうなのですが、4年間会社員をしてきて突然無収入になったことは精神的にもダメージが大きいです。段々授業もきつくなってきたとはいえ、まだ多少余裕があるので週1、2ぐらいでバイトでも探そうか、と思っていたそんな時!風邪をひいてしまいました。

頭痛が続くと思ったらあっという間に発熱。ラッキーなことに?ルームメイトは薬剤師なので相談したところ薬をくれました。しかしそれを飲んでも熱は上がったり、下がったり。。。熱で朦朧とした頭で絵筆を握っていても捗る訳もなく、結局4日ぐらいそんな状態が続いたので病院にいくことにしました。

長期留学生が強制加入しなければならないOSHCという保険(80%ぐらいカバーされる)も使えるのですが、私は渡豪前に留学生用の保険に入っていたのでその保険会社の提携の病院に行きました。

電話で予約してちょっと授業を早退して病院に行きました。先生はオージーですが日本人相手の病院だけに通訳を希望すればつけてくれるとのことでした。一応通訳は断って(でも分からなくなったらお願いします、と付け加えて)診療してもらいました。今まで飲んだ薬やアレルギー歴、症状など話した後、体温を計り、耳、喉など日本の病院と同じようにチェック。違うのは一人の患者にじっくり時間をかけてくれることでしょうか。結局20分ぐらいいろいろ話した結果、普通の風邪ではなくウイルス性の風邪だろうということになって、Anti-Virus(コンピュータソフトみたい)用の薬、解熱剤、ビタミン入りの飴など↓をもらって終了。

e0005952_1138443.jpg


薬が効かなかったらどうしよう、、と思いつつ様子をみてみましたが、その晩からぱったり熱がでなくなりました。まだちょっと喉が痛いので油断できませんが、ひとまず良かった良かった。。。
[PR]
by talk2u | 2005-09-13 11:26 | 留学本編