2005年 09月 01日 ( 4 )

日本語の本

家探しでばたばたしている間にも授業はどんどん進んでいきます。
私のコースには7つのクラスがあります。DrawingやIllustrationは比較的さっくり課題を制作できるのですが、Designやコンピュータのクラスでは四苦八苦しています。

特にグラフィック系のソフトを使う授業では、私以外のほとんどの生徒がソフトを既に使いこなせるので、ついていくのが大変です。本を買おうとしたのですが、こちらのコンピュータの本は図も色も少なく、ただでさえ英語の壁があるのに、はっきり言って使いづらいです。
こちらの紀伊国屋に行ってみましたが、残念ながらあまりコンピュータのグラフィック系は充実していませんでした。(アートやデザイン系の本はとってもたくさん種類がありました。)

上の学年にいる日本人の友人に聞いたところ、彼女は日本のアマゾンで買ってこちらの住所を送付先にしているとのこと。私も試しに早速1冊買ってみました。中をみることができないので、書評などを参照しつつ、できるだけ初心者向けの本を選びました。そしてあっという間(3日ぐらい?)で本は届きました。内容もグラフィックが多く、索引やインデックスも充実していて良かったです。ただ、送料がほぼ本の値段ぐらいしたのはかなり痛い。。。

今後は実家宛に購入して、SAL便か船便で送ってもらおうかな、、と思っています。
[PR]
by talk2u | 2005-09-01 12:25 | 学校

Share accommodation再び

domain.com.auというシェア探しサイトを使って家探しをしています。(前回はSydneyMorningHeraldという新聞のクラシファイド欄で探していましたが、水曜と土曜しか物件情報は出ない(らしい)し、良い物件は大体土曜朝一に借り手が決まってしまうので、とりあえずネットで探してみました。

3日目、インスペクションのメールを送ったところから連絡がありました。それまでに1軒、隣のオージーと下見に行ったところがありましたが、そこはかなりいけてない一軒家(変なにおいがする上水回りがかなり汚い。)でした。

なので全然期待しないで下見に行った所、閑静な住宅地のセキュリティがしっかりしたアパートで、30代後半?ぐらいのイラン系オージーの女性が1人で住んでいました。部屋にはいって、その清潔さにびっくり!洗面台も顔が映るんじゃないか、というぐらいぴかぴかでした。駅からはちょっと離れますが、光熱費込みで今の9人家族宅のところより週$5安くなります。一緒に下見に来てもらったオージーも「静かで感じの良さそうな人だったし、勉強にはいいんじゃないかな?僕が君ならここにするかもね。」と言っており、だんだん乗り気になってきました。

結局一晩悩んだ末ここに決めることにして、早速翌日通学前に周辺を歩き回って環境をチェックした上、正式にBond(敷金)を払いました。先方も今までいろんな人種とシェアしてきて、日本人が一番静かできれい好きだから、日本人を探していたの、という話でした。


これでやれやれ〜〜〜。オーストラリアに来てから3軒目の家決定です。一ヶ月半で既に3カ所目。。。。もう引越も家探しも当分懲り懲り。(ーー;)
今週土曜に今の家のBondを全額返還してもらって、そのまま引越です!
[PR]
by talk2u | 2005-09-01 12:12 | 引っ越し

マルサその後

マルサから1週間、オーナーから全員立ち退きを言い渡されました。
私は6ヶ月契約を結んだのに、家探し結構苦労したのに、、、そんなのひどい、と思っていたら、オーナーがこっそり別の持ち家に住まわせてあげる、と持ちかけてきました。しかし家賃週$20増し!!自分が脱税して、契約破っておいて、信じられない!!!と怒り心頭で私も猛抗議しましたが、よく考えてみるとこんなオーナーの他の家に住んでもまた何が起こるか分からない。。運が悪かったと思って新しい引越先を探すしかないか、、、という気持ちになってきました。

そんなわけでまたまた家探しです。とほほ~~~。
[PR]
by talk2u | 2005-09-01 12:01 | 留学本編

マルサ登場!9人家族の運命は・・・?

新しい家に移って3週間たちました。この家は全部で9室あるのですが、(私の部屋は2号室。「めぞん一刻」を思い出す。。。)隣の南米系オージーの人とその隣のチャイニーズのおじさん、そしてマレーシア人の女性と特に仲良くなりました。たまに家のバックヤードで一杯やったり、ご飯作りながらおしゃべりを楽しんでいます。他にもいろんな人が住んでいるのですが、人数が多いのでたまに夜中にばったり家の中で会って「あれ?誰?」という人もいます。。

駅から近いし、ショッピングセンターもあるので日用品の買い物にも困らないのでよかったよかったと思っていたそんなある日、政府から査察の人が来ました。たまたま家にいたので、インタビューを受けたのですが、家賃がいくらとかいつから住んでいるとかそんなことを答えました。立ち会ったオーナーの様子がなんだか変だなあと思っていたら、なんとその後とんでもない事実が発覚!

オーナーと長い付き合いのチャイニーズのおじさん曰く、オーナーが税金をごまかしていて(多くの住人を入れていたらその分税金もたくさん払わないといけない。)、それがばれて査察が入ったのです。つまりマルサ!?
税金をごまかしているオーナーは結構多いと聞いたことがありましたが、まさか自分のところがそんなことになって、マルサが入るなんて。。。。!
聞く所によると私の前に入っていたオージーの男性達が週に3回も4回も夜中に騒いで近所から苦情が寄せられ、そのため目をつけられたらしいです。そんな人達を入れたオーナーも甘いのですが、私たちはこれからどうなるの???
[PR]
by talk2u | 2005-09-01 11:58 | 留学本編