<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Perthのどうぶつ

PerthではワイナリーのおまけでWildlife Parkがついていました。胎児をポッケにいれているママカンガルー↓(子宮からは1ヶ月で出て、あとはこのポッケで8ヶ月?9ヶ月?大きくなるとか。気温43°で朦朧としていたので数字は怪しい。。。)
e0005952_1901545.jpg

足がもぞもぞしていました。

暑さで瀕死?のウォンバット。ほんとにぜえぜえしていました。みんな順番にだっこして写真とっていましたが、白目向いてる危篤?状況に思いっきりひいた私と友人は遠慮いたしました。
e0005952_194182.jpg


明日はついにTOEICです。さっぱり勉強していない上に仕事で疲れてだるだるです。Perthの思いでをブログにアップしたり、「試験中爪が気になってはいけない」と爪を切ったりしているうちに夜は更けて行きます。。。
[PR]
by talk2u | 2007-01-30 19:08 | 旅行

Perth

25日から昨夜までPerthに行ってきました。お寿司やさんでお世話になったお友達がPerthに移ったので彼女を訪ねて、一緒にワイナリーに行ったりAustralian Dayの花火を見たり、満喫していました。ただ一つの問題は、、、異常に暑い!!!気温は毎日40°を超え、Swan Valleyというワイナリーでは43°。。。。その半日ツアーにはWildlife Parkも付いていたので猛暑の中朦朧としながら、ぐったりしているコアラやウォンバット、カンガルーなどを見てきました。ある意味記憶に残るツアーでした。笑

Sydneyより遥かにのんびりした印象のPerth。にぎやかなSydneyもいいですが、なかなか住みやすそうでした。

Perthの夕暮れ↓(一見涼しそうですが、、、)
e0005952_12305454.jpg

[PR]
by talk2u | 2007-01-29 12:31 | 旅行

裕恵 VS DIMIA(移民局)2

昨日は朝から学校→移民局に行ってきました。卒業式前に切れる学生ビザを観光ビザに切り替えるためです。仕事前だったので重いPowerBookをもってよろよろ。。。

学校との話し合いの結果、およそ2万円の申請費は学校から立て替えてもらえることになりました。(他の生徒はみんな卒業式に出られるに十分なビザを持っていることが分かったため)ところが!移民局に行くと申請は切れるぎりぎりにならないとできないとのこと。もしかしたら健康診断も新たに受け直さないと行けないとのこと。(更に2万円ぐらいかかる)

しかし「これは移民局か学校の日付のミスなので、Student Officerと話してみたら?」と言われまだ別の窓口に並んでみました。しかし!!担当官は非常に感じの悪いオージーで、「うんこれはミスだね。でも何もできないよ。君はお金払って観光ビザ取って」と顔も見ずに言うではありませんか。(`ヘ´) 今まで自分のミスを人のせいにする人はたくさん見てきましたが、自分側のミス→でもなにもしない(お前がお金払え)と堂々と言う人は初めて見ました。これが留学生の命運を握る移民局担当官とは。。。思わず「あなたのスーパーバイザーを呼んで」と言おうかと思いましたが、ここでもめても何一つ得しない。。。と思い断念。

失意の中、よろよろと職場(デザイン事務所)に出社しました。そして残業になり、夜中付近に電車に乗ろうとすると、今度は予告なしに電車がストップしていました。満載の振替バスに乗りやっと家までたどり着きました。。。。裕恵の長い一日でした。


。。。。明日からのパースプチ旅行でリフレッシュしてきます
[PR]
by talk2u | 2007-01-25 08:22 | 留学本編

40°

本日昼間の気温は40°。洗濯をしたのですが外に干したら1時間で乾いた。。。
日向に出ると、もう暑いじゃなくて痛い(日差しが)こういう暑さは日本とは違いますね。日本のような湿気はないのですが何ぶん日光が強すぎます。Σ(×_×;)
大の暑がりのオーナー(イギリス人)は一日中部屋にこもっていました。こうなるともう窓やドアを閉め切った方が良いのです。(明けていると風通し以前に熱風が家に入ってくる)暑さには比較的強い私も今日は家でじっとしていました。昨年正月の43°の時よりましですが、、、さすがオーストラリア。
[PR]
by talk2u | 2007-01-21 18:54 | 留学本編

裕恵 VS DIMIA(移民局)

私のコース最終日は7月2日。しかしパスポートに貼ってもらったスタンプによるとビザが切れるのが7月16日。卒業式も16日。このままでは卒業式にでられない!!!ということで今日はDIMIA(移民局)に行ってきました。一応学校からレター(卒業式のためにビザの延長が必要なことを示唆するもの)を書いてもらい、それも見せたのですが全く取り合ってもらえず。先方曰く、「ビザの延長やブリッジングはできない、VISITOR VISA(観光ビザ)に切り替えろ」とのことでした。申請にかかる費用がAU$205。しかも新たな健康診断や友人などからの保証人のレターがいるとかいらないとかいろいろ申し込み書に書いてある。。。

こんなのおかしい。卒業生が卒業式にでられないなんて〜〜(◎`ε´◎)と思って再び学校に電話したところ、「じゃあその$205を学校が負担できるか経理に聞いてみるわ。今週中には返事するから」とのことでした。2年弱の経験からオージーが言う「〜までに」が全くあてにならないことは分かっていますが、今は待つしかないようです。もし学校が負担できないとしたら、①自腹で卒業式のために観光ビザを申請するか、②卒業式の日程を変更してくれるよう学校長と直談判するか、はたまた③卒業式はあきらめて帰国するか。。。
[PR]
by talk2u | 2007-01-18 20:51 | 留学本編

裕恵 VS TOEIC試験会場

今月末にシティのとある大学で行われるTOEICにオンライン申し込みをしました。ところが待てど暮らせどconfirmationもinvoiceも送られてこない。。。不安になって電話するも、何回かけても「ただいま電話に出られません。メッセージのある方は・・・」という留守電。メールを送るも梨の礫。

おいおい、と思って大学の他の電番にかけたところ新たな番号を案内されました。そこにかけて用件を伝えましたが、「あなたの名前で申し込み入ってないわよ。残念ねえ、申し込みが先週(私がオンライン申し込みした時)きてれば受けられたのに。」と言われてしまいました。しかももう定員いっぱい!ショッキング!!Σ( ̄□ ̄|||)

しかししつこく聞いてみると、違うテストの申し込みを参照していたとのこと。「いや、TOEICですよ。TOEIC!!」とプチ切れて聞いたところ「あら、あったわ〜。」「。。。。確認メール来てないんですけど。」「分かったわ。調べて数分後にかけ直すわ。」待つこと1時間以上。たまりかねて電話したところ、「担当者はランチに出てるわ。かけ直させるから待ってて。」「。。。。。」待つことさらに1時間。ようやく電話がかかってきました。

こうしてやっとこさ申し込めたTOEIC。既にエネルギーの大半は申し込みに費やしてしまったので、とても高得点は狙えないでしょう。(言い訳)
[PR]
by talk2u | 2007-01-17 19:23 | 留学本編

今日のおひる

昨日はお寿司やさんではなく、デザイン事務所で仕事していたのですが、夜シェアメイト(同じお寿司やさん勤務)が残ったお寿司を持って帰ってきてくれました↓
e0005952_11351059.jpg

右下から時計回りに、チキンロール(チキンカツとレタス)、かっぱ巻き、カニサラダシップ(軍艦)、枝豆、チキンロール、シーウィードシップ(海藻サラダ軍艦)、ドラゴンロール(鰻と卵が上にのっている。中はクリームチーズとキュウリ)です。

不思議ですよね。。。チーズとか。しかし慣れれば以外とおいしいのです。
ちなみに私のナンバー1はイクラとあぶりサーモンです。(滅多に残らない)
[PR]
by talk2u | 2007-01-16 11:35 | ごはん

最近気になるもの

シェアメイトが家で履いていて気になっています。なんとクロックスというアメリカのデンバーの会社が作っている多目的シューズだそうです。見た目も機能性にも優れていて一日履いていても疲れないとか。History behind的なものに滅法弱いので気になっています。足に良く、いろんなタイプ、色があるところがちょっとBirkenstockっぽい?
e0005952_2230724.jpg
e0005952_22302946.jpg

[PR]
by talk2u | 2007-01-15 22:41 | 留学本編

プチ旅行

毎日バイトとデザイン事務所のインターンに明け暮れています。。
外は燦々と日が照り、いかにもビーチ帰りの人がちらほら。

しかしそんな私も来週木曜から友人を訪ねてパースに行くことにしました!!たった4日間なのですが、久々の旅行!楽しみです。フリーマントル行って、マーガレットリバーのワイナリーに行って。。。と夢は広がります。

航空券は往復で大体AU$600でした。飛行時間は6、7時間ぐらい??(確か時差が3時間)オーストラリアはやっぱり広いです。
[PR]
by talk2u | 2007-01-15 13:05 | 旅行

もう1年引っ越してない!?

1月も中旬。気がつくともう1年同じ家に住んでいます。渡豪してから半年で4カ所も引っ越しを余儀なくされた頃のことを思い出すと、「ああずいぶん長く(?)住んでるな〜」としみじみ。日本では敷金礼金、不動産業者手数料、引っ越し代、2年契約などなどいろいろと面倒な引っ越しですが、こっちではオーナーと契約?(口約束の場合も多い)とボンド(敷金。通常2、3週間分の家賃。退去時に全額返還される。ちなみに今の家みたいに$0のところも。)さえ払えば後は荷物を持って行って完了。まあこの手軽さはシェアだからなのかもしれませんが。家具などの家財道具だいたい付いてるし。一人暮らしや自分がオーナーの人はもうちょっと大変そうです。

実は学校(North Sydney)の近くにずっと引っ越したかったりするのですが、、、シドニー生活もあと半年。そして増え続ける荷物をもはや移す気力もない、ということでこのまま今の家に住み続けそうです。
[PR]
by talk2u | 2007-01-11 23:08 | 引っ越し